高校物理、大学受験、大学物理、プログラミングの記事を書きます。

Python 行列の作成 Numpy(np.matrix)

2019/01/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

目標

 

Pythonを使って行列の作成方法(記述方法)を学びます。

スポンサーリンク

行列の表記

 

簡単のために「2行2列の行列」を考えます。

\(A\)という行列は、下記のように表記します。

\begin{align*}A=\begin{pmatrix}
a_{11} & a_{12}\\
a_{21} & a_{22}
\end{pmatrix}
\end{align*}

 

Pythonで行列の作成

 

Pythonでの行列の作成はnumpyのmatrixというクラスを用います。

変数=np.matrix(2次元のリスト)

 

2行2列の場合

 

\begin{align*}A=\begin{pmatrix}
1 & 2 \\
3 & 4
\end{pmatrix}
\end{align*}

実行すると以下を返してくれます。

 

4行4列の場合

 

\begin{align*}A=\begin{pmatrix}
1 & 2 & 3 & 4\\
5 & 6 & 7 & 8\\
9 & 10 & 11 & 12\\
13 & 14 & 15 & 16
\end{pmatrix}
\end{align*}

 

実行すると以下を返してくれます。

 


13行目は下記のように書いても良いです。

こちらの方が行列の書き方に近くてわかりやすいかもしれませんね。

ただリストを並べただけですってことを理解していればこれでも良いかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© 宇宙に入ったカマキリ , 2018 All Rights Reserved.