OpenRadioss

OpenRadioss

2022年9月から商用のRadiossがオープンソース化されたため記事としてまとめていくことにしました。

  1. OpenRadiossインストールから計算実行
  2. 【OpenRadioss】Radiossで使用できるLS-DYNA入力ファイル対応表

WSLでOpenMPIの設定から実行

github

「/opt/OpenRadioss」にRadissをインストールした場合は以下のように環境変数を指定する。

環境変数設定から計算実行までをスクリプトにまとめました。

例題としてIce Cubeを使います。
※スクリプトは適当な部分があるので、修正もしていきますので参考程度に・・・

run.sh

vtkファイルへの変換は以下のスクリプトにします。

make_vtk.sh

csvファイル変換は以下のスクリプト

make_toCsv.sh

そして、これらのスクリプトを一括で実行すために「Allrnn.sh」とまとめます。

Allrun.sh

Allrun.shの実行は以下で行います。l

今回は「cube_TYPE7」がファイル名なので位置パラメータとして指定することで$1がすべて「cube_TYPE7」に置き換わります。

LS-DYNA

OpenRadiossはLS-DYNAフォーマットからの変換が可能であるためLS-DYNAの記事もまとめていきます。

LS-DYNA for Engineers: A Practical Tutorial Book (FE analysis for Engineers)

LS-DYNA for Engineers: A Practical Tutorial Book (FE analysis for Engineers)

Lee, Ryan
4,662円(12/08 17:00時点)
Amazonの情報を掲載しています
LS-DYNA for Beginners: An insight into Ls-Prepost and Ls-Dyna

LS-DYNA for Beginners: An insight into Ls-Prepost and Ls-Dyna

Shah, Qasim, Abid, Hasan
8,731円(12/09 04:43時点)
Amazonの情報を掲載しています