CAE

【流体の実験データ紹介】CAE解析と実験を比較したい。

こんにちは(@t_kun_kamakiri

本記事では流体のベンチマーク用のの実験データを入手できるサイトを紹介します。
今回は以下の2つのサイトの中からいくつか実験データについて紹介します。

最近OpenFOAMを勉強しているので実験データとの比較を行い、より流体解析をの理解を深めていきたいと思って実験データを探しています。
色々と探している中でいくつか良い題材があったので本記事で紹介します。

本記事はこんな人向け

OpenFOAMを勉強し始めて実験データと比較を行いたいが、ネットにある実験データを探している。

OpenFOAMに関する記事はいくつか下記にも書いていますのでご参考ください。

実機試験とのコリレーションの大切さ

「CAE解析と実測データのコリレーションをとる」といった場合に、「実験データとCAE解析によるシミュレーション結果の相関確認」ということを意味します。

要するにコリレーションとは実験とCAE結果が近しいかどうかを確認するということです。

流体現象などの物理現象をバーチャル上で再現し、製品開発や不具合対策などに活かす活動は製造業でもずいぶんと定着してきたようです。バーチャル上で再現する現象はソフト化され、今やCA解析が開発工程の一部になっていることがほとんどです。

※CAEとはcomputer-aided engineering、シーエーイーは、コンピュータによって支援された、製品設計製造工程設計の事前検討などといったエンジニアリングの作業のこと。

注意すべき点は、CAE解析に至るまでの工程では、あくまで実現象と数理モデルでモデル化、その数値モデルが偏微分方程式であるためパソコンが解ける形に離散化して代数的に解けるようなステップを踏んでいます。

なので、CAE解析をいきなり開発の工程で使用するのではなく、既に過去に実施された実験データとの比較を行い実験データとCAE解析がある程度近しいことを確認する必要があります。

この精度確認は解析の種類に応じて定量的に評価できるように取り決めをする必要があります。詳しいことは追々記事の中で話すとしてここでは割愛いたします。

流体解析での実験データを以下からピックアップします。

3-D schematic dam break and evolution of the free surface

こちらのさサイトから3次元ダムブレイクの実験データが入手できます。

3-D schematic dam break and evolution of the free surface

片側に水を配置させ、その水が崩れ落ちた先には障害物を置いて置きます。
そしてその障害物には、時刻歴で圧力データが取得できるように圧力計測器(p1~p8)を取り付けています。
この圧力データとCAE解析で得られた圧力データがどの程度一致しているのかを比較することでCAEの精度確認を行うことができます。

低温側19.6℃、高温側39.9℃の温度差によって流れと温度分布が生じます。

Turbulent Natural Convection in an Enclosed Tall Cavity

y方向の高さを数点選んでそのときの温度分布や速度分布を実験データとCAE解析で比較することができます。

まとめ

今回は2つだけ実験データを紹介しました。

OpenFOMAを理解するにあたって使い方をマスターすることも大事ですが、CAE解析をうまく実務に適用していくことも考える必要があります。そのためには実験データとの乖離が小さいモデルの作成が不可欠であり、今回のようなベンチマーク用の実験データを使うことでより流体解析の理解が深まる事でしょう

当ブログでも本記事のサイトを参考に実験データとCAE解析との比較を行った結果を紹介していくつもりです。既にいくつかネット上にはそのような比較を行った結果がありますが、OpenFOAMでのモデルの作成も含め紹介するつもりです。
また、まだやられていない実験データも追々紹介できればと思います。

参考書

PENGUINさんサイトを体系的に学べる書籍となっています。ネット記事でも十分勉強できるのですが、OpenFOAMの初学者でOpenFOAMをインストール済みであれば一冊持って置き、体系的に学ぶのが良いでしょう。

OpenFOAMによる熱移動と流れの数値解析(第2版)

OpenFOAMによる熱移動と流れの数値解析(第2版)

3,520円(06/30 20:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

あとは初心者向けに丁寧に解説がされているこちらの書籍もお勧めです。最後の章にはオーバーセットメッシュ(重合メッシュ)の機能を使った解析を最後まで丁寧に解説しているので挫折することはないでしょう。

OpenFOAMの歩き方 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

OpenFOAMの歩き方 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

川畑 真一
1,100円(06/30 20:40時点)
発売日: 2021/02/26
Amazonの情報を掲載しています

【プロフィール】

カマキリ
(^^)

大学の専攻は物性理論で、Fortranを使って数値計算をしていました。
CAEを用いた流体解析は興味がありOpenFOAMを使って勉強しています。

プロフィール記事はこちら

 

大学学部レベルの物理の解説をします 大学初学者で物理にお困りの方にわかりやすく解説します。

このブログでは主に大学以上の物理を勉強して記事にわかりやすくまとめていきます。

  • ・解析力学
  • ・流体力学
  • ・熱力学
  • ・量子統計
  • ・CAE解析(流体解析)
  • note
    noteで内容は主に「プログラミング言語」の勉強の進捗を日々書いています。また、「現在勉強中の内容」「日々思ったこと」も日記代わりに書き記しています。
  • youtube
    youtubeではオープンソースの流体解析、構造解析、1DCAEの操作方法などを動画にしています。
    (音声はありません_(._.)_)
  • Qiita
    Qiitaではプログラミング言語の基本的な内容をまとめています。
関連記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。