勉強会資料

【2019年11月2日オープンCAE関西での発表資料】Fortranの数値計算結果を何で可視化しようか?

 

2019年11月2日の「オープンCAE関西」の勉強会資料をアップしておきます(^^)/

発表内容
Fortranからparaview表示_GP方程式の解説1

Fortranで数値計算をした後、いったい何で結果処理(グラフ作成、グラフのアニメーション、可視化)を行えば良いのかを悩んだ挙句、
2次元空間以上(2次空間、3次元空間)の可視化であればParaviewが使いやすそうかなという結論になりました。

↓資料は以下よりダウンロード
20191102_Fortranからparaview表示_GP方程式の解説1

 
スポンサーリンク

 

過去の関連記事

 

過去に記事にアップした以下の内容の総まとめを発表します。

 

勉強会のconpass

 

下記よりタイムスケジュールを確認できます。

2019年11月2日オープンCAE関西

 

おすすめ参考書

 

Fortran

Fortranのわかりやすい参考書は以下の2つです。

数値計算のためのFortran90/95プログラミング入門

数値計算のためのFortran90/95プログラミング入門

牛島 省
発売日: 2007/07/18
Amazonの情報を掲載しています
Fortran ハンドブック

Fortran ハンドブック

田口 俊弘
3,520円(10/29 07:52時点)
発売日: 2015/07/10
Amazonの情報を掲載しています

gnuplot

↓gnuplotの参考書です(^^)/

gnuplotの精義―フリーの高機能グラフ作成ツールを使いこなす

gnuplotの精義―フリーの高機能グラフ作成ツールを使いこなす

山本 昌志
11,800円(10/29 11:30時点)
発売日: 2013/06/01
Amazonの情報を掲載しています

 

Paraview

↓Paraviewの基本的な操作方法は以下を参考にどうぞ(^^)/

はじめてのParaView (I・O BOOKS)

はじめてのParaView (I・O BOOKS)

林 真
2,530円(10/29 10:41時点)
発売日: 2014/11/01
Amazonの情報を掲載しています

 

Python

↓Pythonの入門書は以下です。

入門 Python 3

入門 Python 3

Bill Lubanovic
4,070円(10/28 19:36時点)
発売日: 2015/12/01
Amazonの情報を掲載しています

 

【プロフィール】

カマキリ
(^^)

大学の専攻は物性理論で、Fortranを使って数値計算をしていました。
CAEを用いた流体解析は興味がありOpenFOAMを使って勉強しています。

プロフィール記事はこちら

 

大学学部レベルの物理の解説をします 大学初学者で物理にお困りの方にわかりやすく解説します。

このブログでは主に大学以上の物理を勉強して記事にわかりやすくまとめていきます。

  • ・解析力学
  • ・流体力学
  • ・熱力学
  • ・量子統計
  • ・CAE解析(流体解析)
  • note
    noteで内容は主に「プログラミング言語」の勉強の進捗を日々書いています。また、「現在勉強中の内容」「日々思ったこと」も日記代わりに書き記しています。
  • youtube
    youtubeではオープンソースの流体解析、構造解析、1DCAEの操作方法などを動画にしています。
    (音声はありません_(._.)_)
  • Qiita
    Qiitaではプログラミング言語の基本的な内容をまとめています。