CAE

【subsetMeshコマンド(OpenFOAM)】3次元ダムブレイクモデル作成(2)

こんにちは(@t_kun_kamakiri

OpenFOAMのメッシュ操作のユーティリティであるsubsetMeshについて解説を行います。

前回の記事ではtopoSetコマンドを使ってセルセットを作りました。

以上のような障害物があるセルセットを作成しましたが、今回はこちらのセルセットを元にsubsetMeshコマンドを使ってベースメッシュからセルセット部分を削除したいと思います。

今回の内容

subsetMeshコマンドを使ってメッシュの一部の取り出しを行う。

OpenFOAM初心者でチュートリアルを動かしたことがある方を対象にしています。

DEXCS2020
OpenFOAM v2006

sebSetコマンド

subsetMeshコマンド以下のコマンド実行することができます。

オプションは必要に応じてつけて実行します。

  • -case dir
    Specify case directory to use (instead of cwd)
  • -decomposeParDict file
    Use specified file for decomposePar dictionary
  • -overwrite
    Overwrite existing mesh/results files
  • -parallel
    Run in parallel [Parallel option]
  • -patch name
    Add exposed internal faces to specified patch instead of “oldInternalFaces”
  • -patches wordRes
    Add exposed internal faces to closest of specified patches instead of “oldInternalFaces”
  • -region name
    Specify alternative mesh region
  • -resultTime time
    Specify a time for the resulting mesh
  • -zone
    Subset with cellZone(s) instead of cellSet. The command argument may be a list of words or regexs
  • -doc
    Display documentation in browser
  • -help
    Display short help and exit
  • -help-full
    Display full help and exit

今回使用したオプションは「-overwrite」と「-patch」です。

やっていることは以下のようなことです。

やっていることはblockMeshからセルセットの一部を取り出しです。
つまりblockMeshとセルセットの共通部分を取り出しているということですね。
なので今回はセルセットの形状そのものがblocMeshで作成されたメッシュから取り出されています。

取り出した際に内部にあった面は、デフォルトでは”oldInternalFaces” という名前の境界になります。しかし、「-patch」オプションの後に境界名を指定すれば、面の名前は指定した境界名になります。
今回はその他の境界名と同じ名前である「walls」という境界名にしました。

まとめ

今回はsebsetMeshコマンドでメッシュの一部取り出しを行いました。

次回は空気と水の初期状態を作るOpenFOAMのユーティリティsetFieldsの解説を行います。

参考書

PENGUINさんサイトを体系的に学べる書籍となっています。ネット記事でも十分勉強できるのですが、OpenFOAMの初学者でOpenFOAMをインストール済みであれば一冊持って置き、体系的に学ぶのが良いでしょう。

OpenFOAMによる熱移動と流れの数値解析(第2版)

OpenFOAMによる熱移動と流れの数値解析(第2版)

3,520円(10/07 15:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

あとは初心者向けに丁寧に解説がされているこちらの書籍もお勧めです。最後の章にはオーバーセットメッシュ(重合メッシュ)の機能を使った解析を最後まで丁寧に解説しているので挫折することはないでしょう。

OpenFOAMの歩き方 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

OpenFOAMの歩き方 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

川畑 真一
1,980円(10/07 16:07時点)
発売日: 2021/02/26
Amazonの情報を掲載しています

【プロフィール】

カマキリ
(^^)

大学の専攻は物性理論で、Fortranを使って数値計算をしていました。
CAEを用いた流体解析は興味がありOpenFOAMを使って勉強しています。

プロフィール記事はこちら

 

大学学部レベルの物理の解説をします 大学初学者で物理にお困りの方にわかりやすく解説します。

このブログでは主に大学以上の物理を勉強して記事にわかりやすくまとめていきます。

  • ・解析力学
  • ・流体力学
  • ・熱力学
  • ・量子統計
  • ・CAE解析(流体解析)
  • note
    noteで内容は主に「プログラミング言語」の勉強の進捗を日々書いています。また、「現在勉強中の内容」「日々思ったこと」も日記代わりに書き記しています。
  • youtube
    youtubeではオープンソースの流体解析、構造解析、1DCAEの操作方法などを動画にしています。
    (音声はありません_(._.)_)
  • Qiita
    Qiitaではプログラミング言語の基本的な内容をまとめています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。