流体力学

流体力学 質量保存則(連続の式)の導出

 

前回は、流体力学の基礎方程式の一般系を導きました。

基礎方程式の一般系

\begin{align*}
\int \frac{\partial \Phi}{\partial t} dV=-\int \frac{\partial \big(\Phi v_{j}\big)}{\partial x_{j}}dV+\int a dS+\int b dV\cdot\cdot\cdot (\diamondsuit)\end{align*}

 

 

考え方はとてもシンプルで・・・

(A)単位時間当たりの物理量\(\Phi\)の減少量

=

(B)流れによる表面からの出入り

(C)表面からの作用

(D)検査体積内での発生・消滅、体積力による仕事

と、このように考えれば良いということになります。

 

と、このように考えて式を立てました!(^^)!

 

 

本日は、(\(\diamondsuit\))の式を使って

質量保存則を導きたいと思います(^^)/

質量保存則(連続の式)

\begin{align*}
\frac{\partial \rho}{\partial t}+\frac{\partial (\rho v_{j})}{\partial x_{j}}=0\end{align*}

↓∇演算子で慣れている人もいるかもしれませね。

\begin{align*}
\frac{\partial \rho}{\partial t}+\boldsymbol{\nabla}\cdot(\rho\boldsymbol{v})=0\end{align*}

ちなみに、\(\frac{\partial (\rho v_{j})}{\partial x_{j}}=\sum_{i}\frac{\partial (\rho v_{j})}{\partial x_{j}}\)です。

同じ添え字の場合はΣで足すという暗黙の了解(アインシュタインの縮約記法)として表記しています。

スポンサーリンク

 

(\(\diamondsuit\))の一般系から「質量保存保存則」の導出

 

\begin{align*}
\int \frac{\partial \Phi}{\partial t} dV=-\int \frac{\partial \big(\Phi v_{j}\big)}{\partial x_{j}}dV+\int a dS+\int b dV\cdot\cdot\cdot (\diamondsuit)\end{align*}

 

上記のようないわゆるある物理量\(\Phi\)の輸送方程式を導出したので、そのある物理量を決めれば、その物理量の輸送方程式が導出できるというわけです。

 

で、今回のある物理量とは「密度:\(\Phi=\rho\)」のことです。

 

”質量保存”と言っているわけですので、検査体積内の「単位当たりの質量変化=出入りした質量の総和となります

 

ゆえに、(C)と(D)を考慮しなくても良いです。

もし、質量保存を破るような「質量の注入」などがある場合は(D)の効果も式として考慮しなければなりません

 

ここでは、\(a=0,b=0\)として

「密度:\(\Phi=\rho\)」とおいて(\(\diamondsuit\))に代入しましょう。

\begin{align*}
\int \frac{\partial \rho}{\partial t}\ dV=-\int \frac{\partial (\rho v_{j})}{\partial x_{j}}dV\cdot\cdot\cdot (1)\end{align*}

 

 

そして、任意の検査体積で(1)式が成立するためには、

 

\begin{align*}
\frac{\partial\rho}{dt}=- \frac{\partial (\rho v_{j})}{\partial x_{j}}\end{align*}

⇔左辺にもってきて

\begin{align*}
\frac{\partial\rho}{dt}+ \frac{\partial (\rho v_{j})}{\partial x_{j}}=0
\cdot\cdot\cdot (2)\end{align*}

 

このように質量保存則が導けました(^^)/

 

まとめ

 

基礎方程式の一般系

\begin{align*}
\int \frac{\partial \Phi}{\partial t} dV=-\int \frac{\partial \big(\Phi v_{j}\big)}{\partial x_{j}}dV+\int a dS+\int b dV\cdot\cdot\cdot (\diamondsuit)\end{align*}

に\(a=0,b=0\)として「密度:\(\Phi=\rho\)」とおいて(
\(\diamondsuit\))に代入
すると、

質量保存則が導けました。

\begin{align*}
\frac{\partial \rho}{\partial t}+ \frac{\partial (\rho v_{j})}{\partial x_{j}}=0
\cdot\cdot\cdot (2)\end{align*}

 

【プロフィール】

カマキリ
(^^)

大学の専攻は物性理論で、Fortranを使って数値計算をしていました。
CAEを用いた流体解析は興味がありOpenFOAMを使って勉強しています。

プロフィール記事はこちら

 

大学学部レベルの物理の解説をします 大学初学者で物理にお困りの方にわかりやすく解説します。

このブログでは主に大学以上の物理を勉強して記事にわかりやすくまとめていきます。

  • ・解析力学
  • ・流体力学
  • ・熱力学
  • ・量子統計
  • ・CAE解析(流体解析)
  • note
    noteで内容は主に「プログラミング言語」の勉強の進捗を日々書いています。また、「現在勉強中の内容」「日々思ったこと」も日記代わりに書き記しています。
  • youtube
    youtubeではオープンソースの流体解析、構造解析、1DCAEの操作方法などを動画にしています。
    (音声はありません_(._.)_)
  • Qiita
    Qiitaではプログラミング言語の基本的な内容をまとめています。