高校物理、大学受験、大学物理、プログラミングの記事を書きます。

Python ファイルの読み込み方法

2019/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

目標

 

Pythonを用いて、「csvファイル」に記載しているデータを読み込んで変数に格納する。

スポンサーリンク

csvファイルの用意

 

csvファイルは自分がプログラムに組み込みたいデータを用いると良いでしょう。

僕は、http://skomo.o.oo7.jp/f27/hp27_47.htmから比熱のデータを持ってきました。

ですので、今回格納したいデータは、「気体の比熱.csv」とします。

この「csvファイル」をエクセルで開くと表になっていますが、テキストで開くと、

このようにカンマ区切りでリストみたいになっています。

 

Pythonでcsvファイルを読み込む方法

 

Pythonで「csvファイル」を読み込む方法は複数あります。

numpyの中のgenfromtxtを使う

 

まずは、「numpyの中のgenfromtxt」という方法があります。

実行結果

 

numpyの中のloadtxtを使う

 

「numpyの中のloadtxt」という方法でも読み込むことができます。

結果はgenfromtxtのときと同じ結果になります。

 

csvモジュールを使う

 

csvというモジュールをインポートしてファイルの読み込みを行います。

実行結果

 

pandasを使用する方法

 

pandasでcsvファイルを読み込むときは、pandas.read_csv(“ファイル名”)を使います。

ただpandasはファイル名が日本語であったり、ファイルの中に日本語が含まれている場合はエラーが出ます。

実行結果

↑このようにエラーが出てしまいます。

 

正しく動作するために、

  • ファイル名を半角英数にする。
  • ファイルの中に日本語が含まれるのでオプションで「encoding=”shift_jis”」をつける

実行結果

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© 宇宙に入ったカマキリ , 2018 All Rights Reserved.