大学数学

2次元・3次元・4次元・5次元(高次元)の球の体積

下記の記事で、\(n\)次元空間の半径\(R\)の球の体積というのを求めました。

前回の記事はこちら
 
n次元空間の半径Rの球の体積

\begin{align*}V_{n}=\frac{2\pi^{n/2}}{n\Gamma(n/2)}R^{n}\cdot\cdot\cdot (\diamondsuit)\end{align*}

↑結果はこちらです。

せっかくなので、2次元、3次元、4次元、5次元の球の体積をこの公式を使って求めてみようと思います。

と言っても、\(n\)に整数を代入していくだけです。

 

2次元の時(\(n=2\)):\(V_{2}=\frac{2\pi^{1}}{2\Gamma(1)}R^{n}\)

3次元の時(\(n=3\)):\(V_{3}=\frac{2\pi^{3/2}}{3\Gamma(3/2)}R^{3}\)

4次元の時(\(n=4\)):\(V_{4}=\frac{2\pi^{2}}{4\Gamma(2)}R^{4}\)

5次元の時(\(n=5\)):\(V_{5}=\frac{2\pi^{5/2}}{5\Gamma(5/2)}R^{5}\)

 

だからガンマ関数\(\Gamma(m)\)さえ知っていれば良いことになります。

 

スポンサーリンク

ガンマ関数

 

 

ガンマ関数の定義は、

ガンマ関数

\begin{align*}\Gamma(n)=\int_{0}^{\infty}t^{n-1}e^{-t}dt\cdot\cdot\cdot (1)\end{align*}

です。

 

ここでは細かな紹介はしません。

2次元~5次元の球の体積を求めるのに必要な情報だけまとめることにします。

 

(\(\diamondsuit\))を見ると、それぞれ以下の情報が必要であることがわかります。

2次元の時(\(n=2\)):\(\Gamma(1)\)・・・(2)

3次元の時(\(n=3\)):\(\Gamma(\frac{3}{2})\)・・・(3)

4次元の時(\(n=4\)):\(\Gamma(2)\)・・・(4)

5次元の時(\(n=5\)):\(\Gamma(\frac{5}{2})\)・・・(5)

 

>Wikipediaガンマ関数

↑これを参考にすると、自然数\(m\)について、

\begin{align*}\Gamma(m+1)=m!\cdot\cdot\cdot (6)\end{align*}

\begin{align*}\Gamma(m+\frac{1}{2})=\frac{(2m-1)!!}{2^m}\sqrt{\pi}\cdot\cdot\cdot (7)\end{align*}

各次元の球の体積を求める

 

まず各次元のガンマ関数を求め、それを持ちて(\(\diamondsuit\))に代入して体積を求めます。

2次元の時、(\(\diamondsuit\))\(n=2\)は円の面積

 

\begin{align*}\Gamma(1)\cdot\cdot\cdot (2)\end{align*}

を求めるのですが上の(6)(7)式に当てはまらない\(\Gamma(n)=(n-1)!\)と見ても良い?)ので、(1)式から素直に計算してみます。

 

\begin{align*}\Gamma(1)=\int_{0}^{\infty}e^{-t}=\bigg[-e^{-t}]\bigg]_{0}^{\infty}=1\cdot\cdot\cdot (8)\end{align*}

よって、(\(\diamondsuit\))より、

\begin{align*}V_{2}=\pi R^{2}\cdot\cdot\cdot (9)\end{align*}

これは円の面積です。

3次元の時、(\(\diamondsuit\))\(n=3\)は球の体積

 

\begin{align*}\Gamma(\frac{3}{2})\cdot\cdot\cdot (3)\end{align*}

これは、(7)の公式で\(m=1\)とすれば良いです。

\begin{align*}\Gamma(\frac{3}{2})=\frac{1}{2}\sqrt{\pi}\cdot\cdot\cdot (10)\end{align*}

よって、(\(\diamondsuit\))より、

\begin{align*}V_{3}=\frac{4}{3}\pi R^{3}\cdot\cdot\cdot (11)\end{align*}

これはの体積です。

 

4次元の時、(\(\diamondsuit\))\(n=4\)

 

4次元の球の体積とは想像もつきませんが一応計算してみましょう。

\begin{align*}\Gamma(2)\cdot\cdot\cdot (2)\end{align*}

これは、(6)の公式で\(m=1\)とすれば良いです。

 

\begin{align*}\Gamma(2)=1\cdot\cdot\cdot (12)\end{align*}

よって、(\(\diamondsuit\))より、

\begin{align*}V_{4}=\frac{1}{2} \pi^2 R^{4}\cdot\cdot\cdot (13)\end{align*}

れは何を意味しているのでしょう(笑)

 

5次元の時、(\(\diamondsuit\))\(n=5\)

 

同様に5次元の球の体積も求めてみましょう。

 

\begin{align*}\Gamma(\frac{5}{2})\cdot\cdot\cdot (5)\end{align*}

これは、(7)の公式で\(m=2\)とすれば良いです。

 

\begin{align*}\Gamma(\frac{5}{2})=\frac{4}{3}\sqrt{\pi}\cdot\cdot\cdot (14)\end{align*}

よって、(\(\diamondsuit\))より、

\begin{align*}V_{5}=\frac{8}{15}\pi^2 R^{5}\cdot\cdot\cdot (15)\end{align*}

れは何を意味しているのでしょう(笑)

まとめ

 

各次元の球の体積は、

2次元の時(\(n=2\)):\(V_{2}=\pi R^{2}\)・・・(9)
3次元の時(\(n=3\)):\(V_{3}=\frac{4}{3}\pi R^{3}\)・・・(11)
4次元の時(\(n=4\)):\(V_{4}=\frac{1}{2} \pi^2 R^{4}\)・・・(13)
5次元の時(\(n=5\)):\(V_{5}=\frac{8}{15}\pi^2 R^{5}\)・・・(15)

もっと高次元についての球の体積を知りたい方は↓こちらに載っております。

>Wikipedia超球の体積

 

半径 R の球の体積
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
nVn(R)

【プロフィール】

カマキリ
(^^)

大学の専攻は物性理論で、Fortranを使って数値計算をしていました。
CAEを用いた流体解析は興味がありOpenFOAMを使って勉強しています。

プロフィール記事はこちら

 

大学学部レベルの物理の解説をします 大学初学者で物理にお困りの方にわかりやすく解説します。

このブログでは主に大学以上の物理を勉強して記事にわかりやすくまとめていきます。

  • ・解析力学
  • ・流体力学
  • ・熱力学
  • ・量子統計
  • ・CAE解析(流体解析)
  • note
    noteで内容は主に「プログラミング言語」の勉強の進捗を日々書いています。また、「現在勉強中の内容」「日々思ったこと」も日記代わりに書き記しています。
  • youtube
    youtubeではオープンソースの流体解析、構造解析、1DCAEの操作方法などを動画にしています。
    (音声はありません_(._.)_)
  • Qiita
    Qiitaではプログラミング言語の基本的な内容をまとめています。
関連記事もどうぞ