流体力学

混相流の用語のまとめ

 

簡単ではありますが、僕が過去に合格した計算力学熱流体の1級(混相流)のための、「混相流の用語まとめ」を書いておこうと思います。

 

スポンサーリンク

下付き添字\(g\)は気体、\(L\)は液体、\(gL\)は気体+液体が合わさった状態のもの。
\(A\):流路断面積
\(v\):液体の速度
\(V\):体積

名前記号数式概要単位
体積流量\(Q_{g,L}\)\(v_{g,L}\times A_{g,L}\) 単位時間あたりにある面を通過する流体体積\(m^3/s\)
 全体積流量\( Q_{gL} \)\(Q_{g} + Q_{L}= v_{g} A_{g} + v_{L} A_{L}\)位時間あたりにある面を通過する流体の体積\(m^{3}/s\)
 見かけ速度 \(j_{g,L} \)\(Q_{g,L} / A\)気相、液相のそれぞれの体積流量を断面積で除したもの \(m/s\)
 全体積流束 \(W_{gL} \)\((Q_{g} + Q_{L}) /A\)気相、液相の総体積流量 \(m/s\)
体積率 \(\alpha\)\(V_{g}/V=A_{g}/A\)体積中の気相体積の占める割合 –
質量流量\(W_{g,L}\) \(\rho_{g,L} \times v_{g,L}\)単位時間あたりにある面を通過する流体の質量 \(kg/s\)
全質量流量 \(W_{gL}\) \(W_{g} + W_{L} = \rho_{g} v_{g} A_{g} + \rho_{L} v_{L} A_{L}\) 単位時間あたりにある面を通過する流体の質量  \(kg/s\)
質量流束
(質量速度)
\(w_{g,L}\) \(\rho_{g,L} \times v_{g,L}\)  |単位時間、単位面積当たりに通過する流体の質量 \(kg/m^2s\)
全質量流束
(全質量速度)
\(w_{gL}\) \(w_g+w_L\)  単位時間、単位面積当たりに通過する流体の全質量  \(kg/m^2s\)
クオリティ
(乾き度)
 \(x\)\(w_g/w_{gL}\)  全質量流量中の気相質量流量の占める割合 –

「束」とついたら断面積で除したもの(単位面積当たりの値)。
さらに流れなどを表すベクトル場の強さを表す量。

 

【プロフィール】

カマキリ
(^^)

大学の専攻は物性理論で、Fortranを使って数値計算をしていました。
CAEを用いた流体解析は興味がありOpenFOAMを使って勉強しています。

プロフィール記事はこちら

 

大学学部レベルの物理の解説をします 大学初学者で物理にお困りの方にわかりやすく解説します。

このブログでは主に大学以上の物理を勉強して記事にわかりやすくまとめていきます。

  • ・解析力学
  • ・流体力学
  • ・熱力学
  • ・量子統計
  • ・CAE解析(流体解析)
  • note
    noteで内容は主に「プログラミング言語」の勉強の進捗を日々書いています。また、「現在勉強中の内容」「日々思ったこと」も日記代わりに書き記しています。
  • youtube
    youtubeではオープンソースの流体解析、構造解析、1DCAEの操作方法などを動画にしています。
    (音声はありません_(._.)_)
  • Qiita
    Qiitaではプログラミング言語の基本的な内容をまとめています。